ママな事務員のトキドキ絵日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

習い事が巡る不思議

MI-は3歳の時にスイミングに行っていた。
保育園の友達がスイミングに行っていて、その話を聞いて「MI-も習いたい!」と言い出したのだ。
で、さっそく体験に出かけて「楽しい♪やりたい!」と乗り気だったので行くことにした。

そう、今思えばなんっっっにも考えてなかった母親だった私!

平日はフルタイムで仕事をしていたから、休日の土曜日に行くことにした。
MI-という人は、物怖じせず大人でも子どもでもすぐに話せるので、大丈夫だと過信していた。でもそれは、母がそばにいるからだということに気づいてなかった私。

母と離れて全く知らない人達の中で一人でプールに入ることは相当辛かったようだ。しかも観覧席は2階で、プールからいくら見上げても母は見えない。。。
着替えてプールに下りるものの、毎回泣いて戻ってきていた。そのたびにコーチに抱えられてプールに戻されていたMI-。
ケガをして、しばらくプールに入れなかったからそれを機に辞めた。
自分からやりたいとは言ったものの、思ってたのと違ったみたいだし、MI-もホッとしたことだろう。
今思えばかわいそうだったなあ。


次に、「ピアノやりたい!」と言い出したので、また体験に行ってそのまま習い始めた。
週一回だったが、平日に私の仕事が終わってから保育園に迎えに行ってそのままレッスンに行くんだけど、一日遊んだMI-は疲れていた。ピアノの練習も普段はできなくて、私に怒られまくっていた。
その上先生が時間にルーズで、私達が教室まで行ってるのに忘れていて来なかったり、時間を間違えて随分待たされたりした。そのたびにMI-の喜びそうな可愛いバッグだのお菓子だのを”お詫び”としてくれるんだけど、そうじゃないだろう!と私は思っていた。謝る割りにはルーズさが全然改善されないので、とうとう私がキレてしまった。
本部に連絡して、時間にルーズ過ぎるから辞めます!とハッキリ伝えた。引っ越す時だったからちょうどよかったし、MI-も疲れてる上に私に怒られることがなくなってよかっただろう。



5年後。
MI-はまた、スイミングに行っている。
「泳げないのはMI-とあと数人だけでイヤだ、MI-も泳げるようになりたい!」らしい。
3歳の時に挫折したスイミングだけど、もう一度始めてみたら、毎月級があがっていて、コーチにも驚かれるほど順調だ。

6歳で辞めたピアノは、最近また習い始めた。毎日練習している音を聞いていると、こんなに弾けるのかと驚かされる。(親バカ目線でね!)

小さい時に挫折したと思ったことだけど、成長してまた巡ってきて今度は順調に進めている。
物事にはスタートする時期、リスタートする時期っていうのが決まってるんじゃないかと思う。
だから、挫折してしまったと思い込まずに、気持ちが疼いたらまた始めてみるのもありじゃないかと。

MI-を見てるとそう思う。

| 長女MI- | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ステキなお話ですね〜。好きなことは続けられるんですね。習い事としては途中でやめたけど、MI-ちゃんの中の好きなこととしてはずっとあったってことかなぁと思いました。習い事は先生との相性も多分にあると思うし。
ちょっと話がずれるかもしれませんが、大人から見ると下手だな〜と思うことも、好きでやってる本人にしたらどう見えるかなんて関係なしってことありますよね、それを思い出しました。

| わらうかえる | 2011/04/15 11:52 | URL | ≫ EDIT

わらうかえるさんへ

ホントそうですね。『好きなことは続けられる』
ピアノは、今まで学校で得意な子に教えてもらってたみたいで、家に帰ってからもちょくちょく弾いてたんですよね。それをずっと聞いてたから、MI-が「習いたい」と言い出した時に素直に「はい、どうぞ」と言えました。弾いてたことをあまり知らなかったTA-さんは反対してましたけど・・・

大人から見たら下手だと思うことでも、好きでやってるんだったら満足なんじゃないかと思います。表情見ると真剣だし集中してるし、終わった後はいい顔してると思うから。「下手だから才能ない!」とか決め付けちゃいけないなって思いました。

| 涼 | 2011/04/18 12:35 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。